医学博士服部芳樹先生
おすすめの
ダニアレルギー対策
天使のそよ風ユーカリオイル
Eucky Bear Brand
ヒョウヒダニ忌避作用
アロマテラピー効果
気道分泌促進作用
(鎮咳去痰)
殺菌作用
抗カビ、抗ウイルス作用
ヒスタミン遊離抑制作用
(抗アレルギー作用)
免疫力回復作用
洗浄・消臭作用
消炎、鎮痛、止痒効果
防虫効果
Eucal-FAQ or Q & A
ぬいぐるみのうそ
ペットへの使い方
ペットアレルギーへの対処法
ユーカリ石鹸
ワンちゃんのユーカリシャンプー

 ユーカリオイルの効用

  • 次のようにユーカリオイルの効用が説明できます。拡散浸透性の強いことが、ヒョウダニ駆除に有効な理由でもあります。つまりスプレーの微粒子が、布地の織目の隅々顕微鏡的な繊維の間隙にまで浸透してヒョウダニの体を直撃するのでしょう。油とよく混和すること、つまり他の油をよく溶かします。これと拡散浸透力が強い性質によって、洗濯のとき、普通の洗剤だけでは到達しない布地の織目の間まで水や洗剤を連れて行くので、その間にひそんでいるヒョウダニが溺れ死にます。それで油脂系の汚れもよく落ちます。
  • 例えばペットの毛の隅々まで到達して脂汚れがとれ、毛並みがさらさらと美しくなります。そして極微量が皮脂に混和し、おだやかなよい匂い残ります。
  • しかしユーカリオイルは水に溶けないので、水溶性の汚れは落ちにくいのです。それであらかじめ水洗いしたり、水拭きをしてからユーカリオイルで拭きます。または水で絞ったタオルの中央につけたり、まずタオルにユーカリオイルをつけておいてから湯で絞ったりして使います。
  • 揮発性は、ユーカリオイルのひとつの短所です。しかしこれは反面長所ともなり、消毒剤は異種のものが混ざると効力を失うことがありますが、ユーカリオイルが蒸発してしまえば、同じ場所に他の消毒剤をつけても全く問題ありません。また、残留効果が短いという欠点にもなりますが、化学合成の防虫剤や殺菌剤と違って、いつまでも有毒な成分を出し続けることはありませんし、匂いが浸み込んでとれないこともありません。皮膚についたときでも、素早く揮発するので長く残留して毒性を示すことから免れます。
  • アロマテラピーの分野で、他のエッセンシャルオイルとは、ほとんどどのオイルとも混和します。相性のよいオイルと出会うと、お互いの香りを害わず、お互いの特色を強めたり、全く違った香りになってしまったり、いろいろ不思議な現象が表れます。また、その薬効も増強し合う特色があります。もちろん不揮発性のキャリアオイルとも混和します。
  • アルコール(エタノール)によく溶ける性質から、アルコールに混ぜると香りが温和になります。消毒用アルコールだけでは効果の薄い強い菌(MRSAなど)も殺菌できるので手指など皮膚の消毒に最適です。市販の消毒用アルコールを7ユーカリオイルを3くらいで混ぜて使うのが便利です。ユーカリオイルの香りが強すぎるとお感じになるときや、薄めて使いたいとき、ユーカリオイル本来の性質を失わないよい方法です。
  • 易燃性と言う点が最大の欠点でしょう。ガソリンと同じくらいよく燃えます。特にスプレーを使う時にはご注意下さい。オーストラリアでユーカリ林が、黒焦げになっているのを見ることは珍しくありません。葉から葉へ急速に燃え移って炎が走るそうです。自発発火です。葉を陽に透かすと、油滴を見ることができます。ユーカリ農園の灌木に火事が起って全滅したらどうなるのでしょう。大丈夫です。ブルーマリー種のユーカリの木はほんの4〜5mくらいの灌木ですが、根は地中20数mに深く張っています。すぐ新しく芽ぶきます。そして新しい精油を我々に与えてくれるのです。輸送手段の途絶の他に、日本への供給が不可能になる事態はまずないとのことです。

  −医学博士 服部芳樹著 ユーカリの小さな本より−


Welcome to our GMS Internet Shop

Copyright(c) 株式会社 岐阜メディコサポート