脳波の実験

 ユーカリオイルの匂いが脳波にどう影響するかを調べた実験があります。被験者は30代の女性です。実験前の安静時脳波では、実験をひかえてやや緊張気味を示すβ成分(β波)が優位でしたが、ユーカリオイルの匂いを嗅いでいるうちにα成分(α波)が優位に出現しました。

 α帯域の平均パワーは安静期間の150%程度増大しています。脳電位のα成分は、一般にリラックスした時に優位に出現すると言われています。ユーカリオイルの香りを嗅ぐとα成分(α波)が増加したことから、この被験者が感じた通り、快適感と緊張の緩和を裏付ける結果でした。

 厳密な結論を導くためには、更に詳しい数多くの実験を重ねなければならないでしょう。しかし、日常お使いになる方々がどなたも、ユーカリオイルの匂いで快い落ち着きを感じると言われます。この一例はその代表的なものと思います。これは東海女子大学の大平英樹助教授にお願いして実験をして頂いた結果です。

−医学博士 服部芳樹著 ユーカリの小さな本より−


Welcome to our GMS Internet Shop

Copyright(c) 株式会社 岐阜メディコサポート